2009年08月10日

This is 伊是名島(後編)

IMG_8423up.jpg

後編です。後編では釣りの話題をメインにしますかね。
とはいえ、今回ほとんど釣れませんでした。
いいわけですが、海が非常に穏やかでした。
前回の小笠原でもそうだったのですが、7月の南国は海が穏やかすぎて、陸っぱりでの釣りは向かないような気がしました。

伊是名島は全体的にリーフに囲まれているので水深のあるところを探すのに苦労しました。
今回主にやったところはフェリーの到着する沖田港と、内花地区にある内花漁港というところでした。
その中でも感じが良かったのは内花漁港の方でした(釣れませんでしたが(^^;))。
突堤の先まで歩き、そこから投げればそこそこ水深があるようで、ばれましたがトップでも反応がありました。
唯一釣り人を見かけたところでもあります。

その二つの漁港で朝、夕ともルアーでトップとショアジグで粘ったのですが、釣れませんでした。


釣りといえば今回は釣り人としてのプライドもあったもんじゃない「泳ぎ釣り」にもチャレンジ。
適当な針と糸に、おつまみのイカを付けてやるとせいぜい手の平くらいの魚が簡単に釣れる。。
ベラ類とかそんなのだけど、普通の釣りで釣れないもんだからこれで気を紛らわせてました。
一応釣ったやつは煮物なんぞにしてはみたものの、身が少なかったり、骨がやたら多かったりといまいち。
後半はキャッチアンドリリースでした。
IMG_8241.jpg
こんなの

結局島ではいつものごとくシュノーケリング三昧でした。
IMG_8395.jpg
勢理客界隈の主に潜ってたところ

ここは島の中でも比較的珊瑚が残ってる地帯でした。
魚の数も多かったです。
ただ、遠浅のリーフを歩くのが遠い…。

IMG_8225.jpg
「マッテラビーチ」

個人的には好きな場所で、魚の数もまあまあいて、一番潜ってた所です。

IMG_8377.jpg
琉球王朝のルーツ(?)尚円王の像

IMG_8467.jpg
真ん中に見えるのが三角山こと伊是名城跡

アングルによって絵に描いたような三角の山。
城跡とはいえ門扉と墓と石碑くらいしかなかった。

以上、釣りに関しては残念な結果に終わりましたが、古き良き沖縄集落を見たり、プライベートビーチを堪能したい方には楽しめる島だと思います。
今帰仁村より50分で行けるので、本島でちょっと飽きちゃったなぁという人でも幾分気軽に行ける島なんじゃないかと思いました。

それでは、また来年〜。
posted by luna at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31206096

この記事へのトラックバック