2012年03月19日

積み木作り

IMG_7647logo.jpg

子ども用の木工玩具作り、第3弾。
積み木を作ってみました。

作ってみると、たかが積み木、されど積み木。結構奥が深く手間も掛かりました。

調べてみて判ったことは、積み木にも規格みたいなのがあるんですね。
正立方体を最小単位とすると、一辺が何ミリになるか。
25ミリくらいから50ミリくらいまで5ミリ単位であるみたいです。
更に、なるべく大きい方が子どもの想像力が増すということで、今回は45ミリで作りました。

材質も様々で、どれが良いということもないのですが、自分の好みで選び今回は桧を使いました。
ただ、桧、これがなかなかホームセンターにないんですねー。
45ミリ角の角材というのがなかなかないんです。スーパービバまで探しに行ったのにそこにもない。

なので今回もネットで購入。
買ったところは吉野ガーデンと言うところ(http://www.yoshinogarden.com/)。
国産なので安心です。(特に子ども用のおもちゃに中国産の木は怖くて使えない。)

kakuzai.jpg

ただし、結構フシがあったかな?これも味ということで。。

そして次の難題が、「正確に切ること」。
1ミリでもずれたり、斜めって切ったりすると正確に積み上げられません。

そこで使ったのがソーガイド
これのおかげで、正確にまっすぐ切れました。

さて、積み木を切って行くに当たって何をどれくらい作るか。
この辺は先人に学べと言うことで、色々なタイプの積み木を観察したあげくボーネルンドの積み木を参考にしました。
他に、正立方体を多くするといいとか、大きいサイズのやつ(3ユニットとかの)が多いといいとかいう話しも見受けられました。

苦労したのは円柱。
先のサイトでは円柱は扱ってなかったので自分で作ることに。
角材をドリルにくっつけ、木工旋盤みたいにして作りました。

entyu.jpg

ベランダなので、大分散らかってますが…。
若干いびつでしたが、まあこれも味にしてしまえばいいでしょう。

そんな感じで切り出したあとは、最後の仕上げ、やすりがけ。
これも数が多い、面が多いわで結構大変でした。
これにも先日紹介した木工用みつろうクリームで仕上げました。

最後に、余ってたワンバイフォー材で箱を作りました。


完成してみて、桧の香りがとても癒されます。
まだ9ヶ月なので使うのは先でしょうけど、使ってくれるといいなぁ。

posted by luna at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | D.I.Y.
この記事へのコメント
DIYにハマリまくってますねー。
積み木の規格なんて全く知らなかったです。

それにしても気になるローテーブル。
凄く良い感じで欲しくなっちゃいましたよ。
さー次はなんでしょう?
楽しみにしてますよ。
Posted by team1059 at 2012年04月03日 23:41
ありがとうございますー
何なら売りましょうかぁ(^^)

冗談は置いて、やっぱり自分で作ると愛着は湧きますねぇ。
Posted by 管理人 at 2012年04月24日 19:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック