2012年03月19日

積み木作り

IMG_7647logo.jpg

子ども用の木工玩具作り、第3弾。
積み木を作ってみました。

作ってみると、たかが積み木、されど積み木。結構奥が深く手間も掛かりました。

調べてみて判ったことは、積み木にも規格みたいなのがあるんですね。
正立方体を最小単位とすると、一辺が何ミリになるか。
25ミリくらいから50ミリくらいまで5ミリ単位であるみたいです。
更に、なるべく大きい方が子どもの想像力が増すということで、今回は45ミリで作りました。

材質も様々で、どれが良いということもないのですが、自分の好みで選び今回は桧を使いました。
ただ、桧、これがなかなかホームセンターにないんですねー。
45ミリ角の角材というのがなかなかないんです。スーパービバまで探しに行ったのにそこにもない。

なので今回もネットで購入。
買ったところは吉野ガーデンと言うところ(http://www.yoshinogarden.com/)。
国産なので安心です。(特に子ども用のおもちゃに中国産の木は怖くて使えない。)

kakuzai.jpg

ただし、結構フシがあったかな?これも味ということで。。

そして次の難題が、「正確に切ること」。
1ミリでもずれたり、斜めって切ったりすると正確に積み上げられません。

そこで使ったのがソーガイド
これのおかげで、正確にまっすぐ切れました。

さて、積み木を切って行くに当たって何をどれくらい作るか。
この辺は先人に学べと言うことで、色々なタイプの積み木を観察したあげくボーネルンドの積み木を参考にしました。
他に、正立方体を多くするといいとか、大きいサイズのやつ(3ユニットとかの)が多いといいとかいう話しも見受けられました。

苦労したのは円柱。
先のサイトでは円柱は扱ってなかったので自分で作ることに。
角材をドリルにくっつけ、木工旋盤みたいにして作りました。

entyu.jpg

ベランダなので、大分散らかってますが…。
若干いびつでしたが、まあこれも味にしてしまえばいいでしょう。

そんな感じで切り出したあとは、最後の仕上げ、やすりがけ。
これも数が多い、面が多いわで結構大変でした。
これにも先日紹介した木工用みつろうクリームで仕上げました。

最後に、余ってたワンバイフォー材で箱を作りました。


完成してみて、桧の香りがとても癒されます。
まだ9ヶ月なので使うのは先でしょうけど、使ってくれるといいなぁ。

posted by luna at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | D.I.Y.

2012年03月13日

ローテーブル作り その3

IMG_6651.jpg

ローテーブル完成しました。
部屋があまり綺麗じゃないので、全部映ってないけどこの写真で勘弁してね。

裏面には反り防止のため桟を取り付け。

IMG_6645.JPG

集成材なので、それほど反らないだろうということで、あまり大きな桟にしませんでした。
他に鉄のL字アングルみたいなのを埋め込んだり方法があるみたいだけど、変に掘ったりすると強度が落ちそうなのでやめて、この一番簡単な方法にしました。

仕上げに、防水対策として蜜蝋ワックスを塗りました。

IMG_6647.JPG

木工用みつろうクリーム(送料無料)を使いました。
子どもにも優しい自然素材と言うことで。
これ一つで十分足りました。
ただしコーティングは薄いので、重ね塗りと今後のメンテナンスで塗り直しも必要でしょう。

今回一番難しかったのは、一見単純な作りですが、脚と天板をツライチに仕上げることでした。
脚が丸いタイプでしたらネジでくるくる差し込むタイプにすれば簡単なのですが、今回は角張った脚にしたのでレッグジョイントのような特殊な金具が必要でした。
これを取り付けるときは特に位置取りに気を使い、これがちょっとでもずれると、脚がはみ出したり引っ込みすぎたりしてしまうため苦労しました。
レッグジョイント用の座ぐりは多少余裕を持って大きめに開けておくと調整が効いていいかもしれません。

以上、子どもにも優しいローテーブル作りでした。

【テーブルデータ】
・天板サイズ
  厚さ40*縦520*横950mm
・脚
  50mm角材*高さ360mm
・机の高さ
  360mm+40mm=400mm
全てナラの集成材でマルトク(http://shop.woodworks-marutoku.com)で購入。
(桟は桧。近所のホームセンターでは堅い木がこれくらいしかなかった…)
posted by luna at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | D.I.Y.

2012年03月07日

ローテーブル作り その2

IMG_6644logo.jpg

今回は色見本を紹介するだけです。



続きを読む
posted by luna at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | D.I.Y.

2012年03月05日

ローテーブル作り その1

IMG_7303.jpg

最近加熱するDIY熱。
我が家のローテーブルが大分古くなったので、自分で作ってみた。

最近のあこがれは無垢材の家具。
しかしテーブルの天板に使えるような大きくて厚い板は近所のホームセンターには売ってなかったので、木材に関してはネットで購入しました。
本当は一枚板を使用したかったのだけど、予算オーバーなのでナラの集成材を使用。
これはこれで今風の雰囲気になったような気がする。(なんとなく1枚板だと和のイメージが強くなる気がしない?)
木材の材料費、締めて13000円ほど。

それと脚のつなぎ目は是非とも取り外し式にしたかったので、調べてみたところレッグジョイントという物がよさそうだったのでこれを使用しました。

それでこのレッグジョイントを使うに当たり、2つの座ぐりが必要になるのだけど、座ぐりが高い上にそんなに使わないのでもったいない。
そこで以前から欲しかったトリマーも購入しました。
ネットなどで比較的騒音が静かと言うことで、BOSHのPMR500を購入。
テンプレートを作製し、それに沿って座ぐりしました。
しかし、さすがに静かだというもののアパートで使用するのには抵抗がある騒音。。
一応写真のように今回の作業場は終始お風呂場でした。
狭いのはネックだけど、木くずの心配とかも無くて、作業場としては意外と快適♪

その後、オスモカラーを塗って現在乾燥中。
子どもが居るのでなるべく安全な塗料を選びました。

IMG_7304.JPG

完成はまだもう少しなので、また次回。
posted by luna at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | D.I.Y.

2012年01月30日

知育玩具

おもちゃ.jpg

いやぁ、ご無沙汰です。はい。

最近はもう子どもできてから、ふらふら釣りにも行けないので、家でできることに終始しております。
この頃はまっているのは、子どものおもちゃ作り。

やり始めは「こんな木工作ちょちょいのちょいでしょ」とか思って軽い気持ちで始めたのだけど、
いざやってみると意外と大変。

というのも、子どもは必ず舐めるので、安全性の対策。
バリ・トゲはいうまでもなく、塗装をどうするか、なるべくネジ・釘を使わないなど考え出すと結構大変。
木の材質も「やっぱり中国産は避けたい…」と思って探すと選択肢が一気に狭まるし。
ちなみに塗料はリボス社製の塗料が安全ということで買ってみたが、まだ塗ってない。

処女作である写真の左側のは家に余ってたSPF材で作ってみた。
このときは材質はこれで妥協。
中身の球は円柱を削りだし、これが結構大変。
後日ホームセンター歩いてたら木球売ってやんの。

右のは材質にこだわり桧製。
こっちはまだ「転がす」ということを認識してないから、与えるのはもう少し先かな?

それにしても、おもちゃ作りでたまらないのは『作ったおもちゃで遊んでくれたとき』。
この感動はプライスレス。


現在は積み木を制作中。おもちゃづくり、ヤメラレナーイ。
これも材料集めが結構苦労しました。
後日レポートします。かな?


というわけで、いまさら中のいまさらながら…、今年もよろしくお願いいたします。





posted by luna at 19:08| Comment(2) | TrackBack(0) | D.I.Y.

2010年01月10日

ぬか床D.I.Y.

IMG_2536.jpg

普段お米はスーパーで買っていたのだけど、近所に気になるお米屋さんがあったのでちょっと立ち寄ってみた。
入ってみるといろいろな種類のお米が玄米のままどどーんと鎮座している。
様子見のつもりで入ったつもりだったが、狭い店内買わずにいられない雰囲気。
でもまあなかなか信用できそうなお店だったので一つ買ってみることにした。
個人的にお気に入りのお米である、ミルキークイーンを注文。
その場での精米は3kg分でお願いし、残り2kg分は玄米でたのんだ。
うちのすぐ近所にコイン精米所があったので一度自分で精米してみたかったのだ。



後日、いよいよ精米所に行ってみた。その精米所に行って気づいたのだが、そこは米ぬかがとり放題だった。
そこで少しちょうだいすることにした。以前からちょっと興味のあったぬか漬けを作ってみたかったのです。
毎日手を入れないといけないというプレッシャーもあるので、「ミニぬか床」から挑戦。
写真はまだスターターぬか床状態。野菜くず入り。
発酵しだしたらこいつらは取り除き、本番の野菜を投入することになる。

果たして続くのか。楽しみ♪
posted by luna at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | D.I.Y.